文字サイズ
標準
拡大

お電話でのお問い合わせ0949-28-9390

対応時間 9:00 - 17:00(FAX:0949-28-9364)

お問い合わせ

理事紹介

精神障がい者を持つ家族を中心に、福祉サービスの向上に取り組んでいます。

理事

理事長 立山 利博

平成18年就任

昭和14年10月生まれ、福岡学芸大学(現福岡教育大学)卒。教師として定年退職を迎えた後、精神障がい者家族会を知り、家族会活動に入る。平成13年、理事に就任し、平成14年10月、非常勤支援員となる。平成17年からは会会長兼常勤支援員を務める。長男は統合失調症で、妻はアルツハイマー病。なおみの会の仕事を続けながらも、ケアメン(男性介護者)として活動中している。好きな言葉「愚直」「努力ただ努力」。

副理事長 國房 稔代

平成18年就任

昭和18年9月生まれ、西南女学院短期大学英語科卒。三菱化成(KK)黒崎工場を退職後、小竹町社会教育委員や公民館運営審議会委員を担う。長男が19歳で心の病を発病し、親子でもだえ苦しんでいるとき、友人に勧められ、家族会へ入る。平成18年から副理事長、なおみの会第2作業所(宮若市)所長に就任。人権擁護員(法務局直方支局)、小竹町障がい者施策推進協議会委員。好きな言葉は「念ずれば花開く」「感謝」。

副理事長 廣津 輝男

平成19年就任

昭和27年4月生まれ、高校卒業後地方公務員となる。平成19年3月、病気療養のため早期退職。平成19年5月、なおみの会理事に就任。その後、軽食喫茶「廻音」の管理者をへて、平成24年5月なおみの会共同作業所の管理者となる。現在、公益社団法人福岡県精神障害者福祉会連合会理事、社会福祉法人直方市社会福祉協議会評議員。

理事 山本 千鶴子

平成18年就任

昭和16年1月生まれ。55歳で31年勤務していたK社を退職し、平成8年、統合失調症により入院していた息子のために家族会に入る。平成9年より家族会役員(会計担当)を務め、平成15年に支援サークル長、平成18年に理事に就任。社会福祉法人緑樹会直方リハビリセンター評議員。好きな言葉は「今あることは、あなたにとって一番よいこと」。

理事 榊原 桂子

平成21年就任

昭和15年10月生まれ。主人がトヨタ自動車関連会社の役員退職後、ボランティア連絡協議会に関わる中で、なおみの会を知り、平成18年に理事となる。が、主人の思わぬ急逝後、皆さんから「どうしても」との声があって、主人の意志を継ぎ、理事に就任。もっぱら主人をささえる専業主婦であったが、その視点で、なおみの会に関わる。趣味は手芸。

理事 瓜生 正子

平成21年就任

昭和23年4月生まれ。主人が事故で急死して以来、いろいろ介護の苦労をしているところで、なおみの会を知る。副理事長の強い推挙で理事に就任。なおみの会の皆様と一緒に、「支えあい」「学びあい」「働きかける」運動に従事する。趣味は花づくりで、好きな花はビオラ。

理事 今山 絢子

平成21年就任

昭和26年10月生まれ。障害をもつ長男から誘われて行った、平成18年の「現代国際巨匠絵画展」が契機でなおみの会の存在を知り、長男は「なおみの会共同作業所」へ通所するようになる。その後、平成21年に理事に就任。平成23年、当時「軽食喫茶・廻音」の管理者などを経て、平成28年1月より地域活動支援センター「サロンなおみ」の管理者となる。趣味は茶道で、45年以上続けている。